2017年12月24日日曜日

大イワナがうじゃうじゃいる淵 その1

25年前に父からもらったプレゼント。

僕がはじめて沢育ちの尺上イワナを釣り上げた記念に剥製にしてくれました。

34歳になった今もあの時と同じ気持ちでテンカラ釣りをしています。




あの淵にはたしかに大イワナがうじゃうじゃいた。

そこは足尾銅山の鉱毒事件で有名な渡良瀬川の支流。

毎年、禁漁期になると同じ渡良瀬川水系の黒坂石川にあるシャロムの森という管理釣り場で竿を振る方も多いのではないでしょうか。

その渡良瀬川支流のとある大淵で釣り上げたのが今回の写真のイワナ。

もう25年も前の小学校の夏休みの思い出。

日曜日の午後になるとですよ祖父と父と僕と3人は実家の茶の間のテレビに釘付けになるんです。

赤ペン握りしめてです。

大川先生の予想を聴きながら夏の爽やかな緑の絨毯につつまれた札幌競馬場にファンファーレが鳴り響くのを。

この頃の僕はダービースタリオンというゲームが大好きで競走馬の血統大辞典なんていう本で血筋とか距離適性とかそんな事をよく考えてました。

小さい頃は馬がすごく好きでした。

競走馬って本当にキレイだから。

僕は特に馬の目が好きでした。

まだ保育園のころ定年したばかりの祖父と電車に乗って浦和競馬場によく連れて行ってもらってました。

30年前の地方競馬場なんか今では考えられないくらい治安が悪かったと思う。

あわや
誘拐事件の当事者になりかけたなんてこともあった。

今思えば保育園児が祖父と競馬場なんて危ないなあという感じ。




それで、その日もやっぱり3人で競馬中継11Rのメインレースを見終わって。

父が釣りに行くと言うのです。

え!?

釣りは朝から行くものでしょ?もう4時じゃん。。。

今日は朝から子供会の野球の練習試合もあったし割と疲れてるんだけど。。。

まあいーからついて来いって感じ。

どうやら目的のポイントに6時45分に到着すれば良いらしい。

暗くなる直前の一瞬が勝負なのだと言う。

でっけーイワナ釣らしてやるからと。



つづく

DaisukeTsuchiya


アウトドアファンのみなさま渓流釣りをはじめてみませんか?GROUNDSTOREでは皆様のテンカラ釣りデビューを応援いたします。http://groundstore.jp

当店の釣行動画→GO TENKARA(YouTube) 

お客様の声、動画集→教室の様子

テンカラ釣り体験教室について→実践テンカラ釣り体験教室

料金について→通常期 / 冬期
お問い合わせ
GROUNDSTORE/グラウンドストア
東京都調布市国領町1−23−11
担当 土屋 mail@groundstore.jp