2018年2月15日木曜日

[編集後記]真冬の神奈川県リヴァスポット早戸でNEWテンカラ竿のテスト

今回は神奈川県のリヴァスポット早戸さんへお邪魔しNEWテンカラ竿のテストをしてきました。


さすが都内から1時間ちょっとで行ける管理釣り場とあって多くのお客さんで賑わっておりました。ここは、ありがたいことにテンカラOKの釣り場です。魚種も豊富、圧倒的な放流量、中には50upの大型もいて、釣り方の練習や開発、NEW竿のテストにはもってこいの環境です。
この時期でしたら多少でも水温の上がってくる午後券(¥3100-)がオススメかもしれません。トイレも男女別でありますし、管理等(売店休憩所)もストーブがんがんでおもてなしです。


ルアー、フライ、テンカラの比率は6:3:1くらいでした。そのなかでもルアーの方がよく釣れていたので、僕がよく行く小菅冬季ニジマス釣り場とは少し違う感じです。小菅は毛鉤の方が釣れている印象です。たまたまかもしれません。

それで、しばらく観察してみるとルアーの方は極小スプーンをゆっくりゆっくり巻いてる感じ。フライの方はインジケーター+ショット+極小ニンフでじっくり待つといった感じ。テンカラもインジケーター+極小ニンフといった感じ。(レギュレーションにテンカラは目印禁止と書いてありましたので注意されるかもしれません。)

共通点はみな極小ということと、ゆっくりじっくり魚の鼻先に運ぶといった感じでした。
さすがに水温の下がった2月は魚もほとんど動かないので我慢比べといった戦況です。

そんななかでルアーの方がけっこうヒットしていたんですよ。一方フライの方はアタリはくるもののフッキングが難しい様子。

んー。。。考えてみます。

この寒い時期の止水っぽい場所で。そぉーっと流れてくる極小ニンフにはいくらニジマスといえどおちょぼ口で毛鉤をつつくように。。。それをフッキングするのは難しそうです。

んー。。。じゃなんでルアーはフッキングしているんですか。。。

極小スプーンをゆっくり引いてくることで、動かずにじっと寝ている魚を無理やり起こし、追わせて喰わせているのだと思いました。追いかけて喰うから口も開けてくれる。

んー。。。じゃなんで小菅は。。。割愛。。。

あくまでもテンカラばかりの僕の観察ですから気にしないで読んでください。

一方テンカラはといいますとインジケーター+極小ニンフのシステムではフライよりもさらに難しい釣りになります。インジケーターが邪魔して良く飛ばないですし、ショットをつけたら尚更むずかしいです。上手い人はこれで釣るひともいます。

それで僕はといいますと#14逆さ毛鉤でいつもの誘い出しです。いつもはこれで気持ち良く釣れるのですがこの日はちょっと勝手がちがいましてポツポツといった状況。
んーいまいち達成感がない。思っているほど釣れない。

管理棟で遅い昼休憩をとって暖をとり気力がもどったところで再チャレンジ。やっぱりテンカラ釣りはメンタルスポーツですから。

この日はNEW竿のテストも兼ねていたこともありもっとバシバシ釣りたいので⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎釣りに変更です。するとさっきまで寝ていたのですかという状況から入れ食い状態に。
その一部始終は添付の動画でご覧ください。
ただ、この釣り方をやりすぎると癖になってしまうので封印しないといけないんですよね。なんでもかんでも応用が利くわけではないので、やりすぎ注意なんですよ。
テンカラ釣りの常識とはまったく逆の発想からくる釣法ですから、それなりに爆弾もかかえているわけです。

それと今回の竿はとても好感触です。曲がりも良いし戻りもいいし軽いし飛ぶし。竿全体がシャープな設計ですからフッキングも良く、途中で外れるバラシも少ないです。バーブレスでも問題ないです。
動画で2回バラしていますが雑にやっているのが原因です。あれは竿の所為ではなく僕のミスです。取り込みの悪いお手本になっています。。。そのほかも雑です。ちゃんととれているのは最後の2匹だけですね。。。

それと大物がかかったときは間違っても竿の腰をもったらダメです。テコの原理で両手で竿をもって大物の引きに対抗しますが、この時に片方の手で竿の腰を持ってしまうとあっけなく折れます。
竿の一番力のある部分(バット)の上を持つとよく曲がるのは事実ですが、そこが支点となって力が集中してしまい折れます。
テンカラ竿でしたらグリップの端から端までの幅と思って持てば大丈夫です。僕はどちらかというとグリップの長い竿の方が大物に対抗しやすいので好きです。

もうすぐ関東も解禁します。
さて、今年の解禁釣行はどこへ行きましょうか。

あたらしくはじめたサイト「テンカラ釣りとは」も今月中に仕上げたいですし。


NEW竿も完成させたいですし。

撚り糸テーパーラインも手の関節痛が酷くなってきたし。

またどこかの山でお会いしたらお願いします。



DaisukeTsuchiya/GROUNDSTORE

管理者 DaisukeTsuchiya  連絡先 mail@groundstore.jp

著作権表示
Copyright © 2018 DaisukeTsuchiya/GROUNDSTORE代表
著作権について
当サイトに記載の文章、写真の著作権はDaisukeTsuchiya/GROUNDSTORE代表に帰属し、著作権法で守られております。著作権者による事前の書面による承諾なく複製、改変(変更、削除等)、翻訳、翻案、公衆送信、等の行為は著作権法により禁止されています。

免責事項
当サイトの情報掲載、運営には細心の注意を払っておりますが、その内容の正確性、有用性、等を保証するものではございません。当サイトをご利用いただいたことにより生じたいかなる損害、損失、等につきまして一切の責任を負いかねます。また、当サイトの内容は事前予告なしに変更、削除する場合がございます。